近年サッシの素材として樹脂が注目されています。
断熱性や気密性が高いとされ、省エネ効果が高い点が人気の理由です。
さまざまなメリットがある樹脂サッシですが、一方でデメリットもある事はあまり知られていません。
劣化や経年変化といった樹脂サッシが持つデメリットも知り、知識を蓄えておきましょう。樹脂サッシは劣化するの?樹脂サッシのメリットとデメリットを解説

樹脂サッシの特徴

樹脂サッシはプラスチックの一種である塩化ビニル樹脂を素材に使ったサッシです。
樹脂は加熱により簡単に形が変わるため、複雑な形状でも加工しやすい特徴を持っています。
また、隙間が空かないように加工ができるので、高い気密性を持つサッシが作れます。
樹脂は熱伝導率が低いため、サッシとしては適している素材だと言えるでしょう。

樹脂サッシは、屋外の熱を屋内に伝えにくく、屋内の熱が外に漏れ出ることを防ぎます。
夏なら冷房効率が高まり、冬なら暖房効率が高まるため、省エネ効果が高いサッシと言われます。

アルミサッシとの違い

日本ではサッシの素材としては樹脂ではなく、多くの場合アルミが多く使われています。
アルミサッシは軽く耐久性も優れている特徴を持ちます。
また、金属の中では比較的加工しやすい種類であるため、複雑な形状となるサッシに使われてきました。

ただ、アルミは熱伝導率が高く、サッシを通じて屋外の熱を屋内に、屋内の熱を屋外に伝えてしまいます。
多重構造の窓ガラスを採用しても、サッシを通じて熱が伝わってしまうのです。
樹脂サッシはアルミサッシに比べ熱伝導率が低いため、熱を伝えにくいのが特徴です。
さらに、熱を伝えやすいアルミサッシは、結露も出やすい特徴がありますが、樹脂サッシは結露が起こりにくいと言われています。

樹脂サッシのメリット

樹脂サッシの特徴として、熱伝導率が低いことや加工しやすく気密性が高まることなどを紹介しました。
これらは大きなメリットと言えるでしょう。
また、断熱性が高いことから、結露が生じにくいことも魅力的な点です。
結露はカビ発生の原因になることを考えると、健康的な生活が送れる点が大きなメリットと言えます。

加えて、気密性の高さは断熱性だけではなく防音効果にも通じています。
樹脂を用いることで、屋外の音が聞こえにくく、室内の音が漏れにくい効果を持っています。
騒音が気になる場合には大きなメリットとなるでしょう。
樹脂は色を混ぜ合わせることで多彩な色合いの物が作れます。
アルミサッシと比べて高いデザイン性が得られるメリットもあります。

樹脂サッシのデメリット

メリットが多い樹脂サッシですが、デメリットもあります。
ここではそれらについてご紹介していきます。

価格が高い

メリットが多い樹脂サッシですが、日本では主流となっていません。
その理由のひとつは、アルミサッシに比べて高額であるということでしょう。
家の内側と外側の両方に樹脂サッシを採用した場合、価格はアルミサッシの約2倍となります。
結露防止のために内側は樹脂サッシ、外側はアルミサッシとした場合でも、約1.5倍かかります。

汚れが目立つ

樹脂サッシは多彩な色合いが楽しめる特徴を持っています。
人によっては淡い色合いの樹脂サッシを希望する人もいるでしょう。
ですが淡い色合いの樹脂サッシは汚れやすいのです。
小まめに掃除しなければ、年月とともに黒ずみが目立つようになります。

厚みがあり重い

アルミサッシに使われるアルミ合金に比べると、樹脂サッシに使われる塩化ビニル樹脂は強度が劣ります。
そのため、樹脂サッシはアルミサッシよりも厚みがあり重量もあるのです。
厚く重いため、窓を開け閉めするのが大変と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、近年では加工技術の向上により、薄く軽い樹脂サッシも増えてきました。
強度も十分に得られるようになってきているので、このデメリットについては徐々に改善されつつあります。

耐久性に問題はないのか

アルミ合金製のアルミサッシに比べると、塩化ビニル樹脂を使った樹脂サッシは耐久性に問題がないか心配に思う人もいるでしょう。
計算上、樹脂サッシに使われる塩化ビニル樹脂の耐久年数は約50年とされています。
日本の一般的な住宅の耐久年数は30年ほどとされていますので、耐久性については大きな問題はないと考えられます。

紫外線の影響

耐久年数50年とされている塩化ビニル樹脂ですが、紫外線の影響を受けやすい素材とも言われています。
そのため日差しが当たる場所での樹脂サッシの設置は不向きと考える向きもあります。
ただ実際のところ、樹脂サッシを設置してから30年以上問題なく使えているケースもあるため、紫外線による劣化は大きな問題にはならないでしょう。
メンテナンスを怠らなければ、樹脂サッシを長く使い続けることは可能です。

リフォームする場合の費用相場

もし既存のアルミサッシを樹脂サッシに入れ替える場合、窓枠周りの壁の解体や元のサッシの廃棄などに50,000円~100,000円、工事費に150,000円~200,000円ほどかかります。
アルミサッシを解体せず、内側に樹脂サッシの窓を取り付ける場合には、50,000円~100,000円程がリフォーム費用としてかかります。

まとめ

樹脂サッシは耐久性が低いのでは、劣化が早いのでは、と心配する声があります。
ですが日本の住宅の耐久性と言われる30年を超えても問題なく使えている点を考えると、これらの心配は不要でしょう。
樹脂サッシも軽い物が出てきていますので、重さを理由に避ける必要もないでしょう。
価格面などで折り合いが付けば、省エネルギーにも役立つサッシです。
当社でも樹脂サッシへのリフォームを行っています。
気軽にご相談ください。