建物外壁にサビが出ている!状態の確認を怠っているといつの間にか大変な事態に発展するかも!

購入当初は家の外周を何度も回ってみたり、マイホームを眺めて状態点検する機会が多かったと思いますが、10年以上住んでいると慣れてきて、建物の劣化に気づく機会がないことがしばしば見受けられます。
ただ、注意を怠っていて、劣化に気付かず放置していると雨漏りや水漏れに発展する恐れがあり大変危険です。一度画像と一緒に建物の状態点検をしてみましょう。
~建物のサビについてパイプ類~
これはガス管です。中にガスが通っています。基本的に中に水が通ることがなく、外から入ってくる風雨や湿気により外側からサビていきます。ただ、パイプ自体は分厚いものが使用されているので、折れることはほとんどないです。
これは井戸ポンプの給水管部分となります。給水管は中に水が通っている為、外側と内側両方からサビによる劣化が起こりえます。
ここまでくるといつ折れてもおかしくありません。また、防寒性も失われている状態ですので、外気の温度が低いと凍結してピンホール上の穴が開いてしまい水が底から漏れていきます。
そして、一か所がこのような状態になっているとそのほかの部分も同様の劣化状況となっているので、大変危険な状況と言えるでしょう。
水道メーター付近です。マンションの水道メーターはこのように陳列されている場合もあります。
これはバルコニーの排水部分です。常に外気にされされている為、サビが出るのは比較的早いものになります。この部分のさびは仮に少し損傷したとしても枯葉やゴミが入らないようになっていれば問題ありません。
直接雨に当たる箇所はサビやすいです。
最後に外壁のサビです。ここまでくると大変危険な状態です。なぜ外壁からサビがでているかというと、壁の中にラス網と呼ばれる鉄製の網が貼ってあるからです。
これは本来平坦な表面にモルタルのペーストを塗っていく際に引っ掛かりが無いとこぼれ落ちていくため、網上の金属網にモルタルのペーストを引っ掛けていくことにより、外壁を綺麗に仕上げるためのものです。
このラス網が壁表面のひび割れから入った雨水により、腐食し、金属の成分が壁の表面に染み出しています。また、金属はサビが発生してしまうと膨張するため、内側から外壁が押し上げられて、更にひび割れが悪化してしまうという悪循環に陥ります。
ここまでくると早急な対応が必要となります。ひび割れている部分をシーリングにて埋めて、その上から適切な塗料による外壁塗装をする必要があります。もしこれらを怠ってしまうと雨水が家の内部に侵入して下まで水路を作っていってしまいます。ここから入った水が家の反対側まで水路を作ってしまうこともしばしばあり、リビングの天井から雨漏りする可能性も否定できません。

外壁塗装工事なら弊社株式会社LEXCEEDがオススメです。

外壁塗装工事をLEXCEEDに頼むメリット

  1. 楽天リサーチで江戸川区施工満足度№1の安心感
  2. 建物のプロがお客様のご要望をしっかりとヒアリング。臨機応変な対応
  3. 丁寧さと安心第一にお客様はもちろん近隣のご住居への配慮も欠かしません
  4. 外壁塗装、屋根塗装以外にも、工事に付帯する内装工事に対応可能
  5. 江戸川区近郊で制震・耐震工事施工実績など多数

東京都江戸川区を中心に葛飾区、江東区、墨田区、市川市、松戸市など近隣地域から、東京都、千葉県、埼玉県全域で活躍しております!江戸川区近郊で耐震工事・制震工事ができる業者をお探しなら是非LEXCEEDにご相談ください!完全自社施工のため、社内共有も早く、臨機応変な対応も可能です。