黒やグレーは住宅がスタイリッシュに見えるなど、外壁の色として人気です。
一方で無機質に見える、重く見えるといったデメリットもあります。
ここでは外壁を黒やグレーにするメリットやデメリットについてまとめます。

外壁塗装で黒やグレーを選んだ場合のメリット・デメリットとは

外壁を黒やグレーにするメリット

全体的にモダンな印象になる黒やグレーの外壁は、住宅自体をスタイリッシュに見せる効果があります。
また他にもいくつかのメリットが得られます。

デザイン性に優れる

ファッションアイテムでもそうですが、黒やグレーは引き締まる配色なので、家全体をスタイリッシュに見せる効果があります。
どちらかという都会的に見せ、デザイン性に優れた住宅という印象を与えます。
マットなタイプの黒やグレーならモダンな雰囲気が得られます。
また、光沢があるタイプの場合は重厚感が得られるでしょう。
黒やグレーは高級感が得られる色といえますね。

汚れが目立ちにくい

黒やグレーは深い色味なので、汚れが目立ちにくい特徴があるでしょう。
とくに排気ガスなどの影響で黒っぽい汚れが付いてしまっても、黒やグレーなら目立ちません。
とくにグレーは外壁塗装で使われる色の中では汚れが目立ちにくい色として人気があります。
真っ黒だと白っぽい汚れが目立つ場合がありますが、黒と白の中間色でもあるグレーは黒っぽい汚れも白っぽい汚れも目立ちにくいのです。

劣化が目立ちにくい

どのような壁材でも、経年劣化は避けられませんので、住宅建設から時間が経つと少しずつ劣化してしまいます。
塗料も劣化すれば色あせなどが目立つようになります。
黒は、残念ながらこの劣化の影響が比較的目立ちやすい色あいですが、グレーは目立ちにくい色あいです。
劣化が目立ちにくいことで、家の見た目が損なわれにくくなるメリットがあるでしょう。

個性的に見える

日本の住宅は、白やブラウン系の色の外壁を持つ住宅が多く見られます。
そのため、黒やグレーの外壁は比較的目立ち個性的に見えるのです。
とくに黒は目立ちやすいでしょう。
グレーは明度によってかなり印象が変わりますが、やはり黒に近いグレーは目立ちます。
一方、明るめのグレーは周囲の経験に馴染みやすいのに、個性も発揮できる壁色といえるでしょう。

外壁を黒やグレーにしたことで感じるデメリット

メリットがある一方、外壁を黒やグレーにした場合にはデメリットもあります。
とくに黒にした場合には、このデメリットが大きく感じられるかもしれません。

白っぽい汚れが目立つ

家の外壁の汚れには黒っぽい汚れ以外にも、白っぽい汚れもあります。
蜘蛛の巣や鳥のフンなどが挙げられるでしょう。
黒の外壁は、これらの汚れが悪目立ちします。
また砂などの白っぽい汚れも目立ちます。
ただ、これらの汚れは塗装の種類にもよりますが、雨が降ると洗い流され目立たなくなる場合もあります。

熱を吸収する

黒や濃い目のグレーは熱を吸収する特徴を持つ色です。
そのため、真夏など直射日光にさらされた場合、室温が上昇しやすいデメリットがあります。
近年の住宅は断熱性が高く、そこまで外壁の色の影響を受けることはない家屋もありますが、断熱性能がそこまで高くない住宅の場合には大きな影響を受ける可能性があります。
室内の温度に影響がなくても、外壁自体が熱くなる心配があります。
夏の直射日光がきつい時間帯に外壁に触れると、やけどの恐れがあるほど熱を持つことがあるのです。

チョーキング現象が目立つ

外壁に塗られている塗料は、紫外線を浴びることで徐々に劣化していきます。
塗料が劣化するとチョーキング現象が起こります。
これは塗料が劣化しチョークの粉のような白い粉が浮く現象です。
黒や濃い目のグレーの外壁の場合、チョーキング現象が起こると他の色あいの外壁よりも目立ちます。
黒は紫外線吸収率も高いため、チョーキング現象が起こりやすい点も注意が必要でしょう。
そのため、こまめなメンテナンスが必要になるケースが多いのです。

重くやぼったい印象になる

黒やグレーを単色で塗ってしまうと、家全体が重くやぼったい印象になるケースがあります。
また、堅苦しい印象になる場合もあるので、注意しましょう。

黒やグレーにしたい場合の注意点

黒やグレーの外壁には、さまざまなメリットやデメリットがあります。
少しでもデメリットの部分を減らすためには、いくつかポイントを押さえるとよいでしょう。

熱対策を実施する

黒やグレーはどうしても熱を吸収してしまいます。
そのため、室内の温度を上昇させないために断熱性能を高めた壁材を活用するとよいでしょう。
また、グレーの場合はできるだけ明度が高いものを選ぶのもよい方法です。

差し色やアクセントカラーを取り入れる

全体を黒や濃い目のグレーにしてしまうと重く圧迫感があります。
そこで、差し色を入れたり黒やグレー自体をアクセントカラーとして使ったりするとよいでしょう。
同じ黒やグレーでも木目調のデザインにすることで高級感がありながらも温かみがある印象を与えることもできます。

まとめ

お洒落な雰囲気が出せる黒やグレーの外壁ですが、単色で塗るとやぼったく重たい印象を与えます。
他の色と組み合わせるなど、工夫次第でよりスタイリッシュで都会的な印象を得られますよ。
株式会社LEXCEEDは東京都江戸川区を中心に、外壁・屋根塗装のリフォームを手掛けています。
外壁の色味をどうしたらよいかなど迷っている場合にはぜひご相談ください。