こんにちは!東京都江戸川区にある株式会社LEXCEED(レクシード)です。
読者の方の中には、屋根塗装や外壁塗装をご検討されている方もいらっしゃると思います。
そんなときに気になるのが、塗装のおおまかな流れではないでしょうか。
事前に知っていると安心できますよね。
そこで今回は、「1分でわかる!塗装の流れ」をテーマに取り上げます。

塗装の流れをご紹介

足場や保護シートの設置

屋根や二階部分の塗装をするには、足場の設置が必須です。
戸建て住宅に足場が設置されている様子は、よく町中でも見かける光景だと思います。
どうしても足場設置では音が出てしまいますので、事前に施工管理者が近隣に挨拶にいくケースがほとんどです。
足場の設置が完了すると保護シートをつけて、塗料の飛散を防ぎます。

高圧洗浄作業

塗装の下準備として高圧洗浄を行います。
高圧洗浄によって、旧塗膜や汚れを取り除きます。
この作業がきちんと行われていないと、仕上がりにも影響が出るため、丁寧に洗浄します。

養生と下地調整

このタイミングで養生を行います。
養生とは、塗装しない部分を保護することをいいます。
保護シートやテープを使用するのが一般的です。
残った旧塗膜があれば、ケレン作業で完璧に剥がします。
旧塗膜が残っていると、新しい塗料が剥げてしまうため、綿密に行います。

下塗り

あまり知られていませんが、塗装工事では3回塗りが一般的です。
最初の工程である下塗りは、下地と中塗り・上塗りの塗料の接着剤の役目を果たします。

中塗り

中塗りは上塗りと同じ塗料を使用します。
ここで使用する塗料は、お客様のご要望に合わせたものを選びます。
たんに色ということではなく、耐久性や機能が塗料によって異なるからです。
お客様のご要望に合った塗料を提案するのが、私ども塗装の専門家の役割です。

上塗り

最後に上塗りを行います。
ムラをなくし、塗膜の厚さを適切にするために、丁寧に塗り重ねます。
適切な塗膜の厚さを考えて塗装することで、塗料本来の耐久性や機能が発揮されます。

屋根の塗装

もちろん外壁用の塗料とは異なりますが、外壁と同様に下塗り、中塗り、上塗りを行います。
屋根はより紫外線や風雨にさらされるため、耐久性の高い塗料を選ぶことが多くなります。

足場の解体と撤収

塗装が完了すると、足場の解体と撤収が行われます。
最後に周辺を掃除して、お引き渡しとなります。

天候などによって延びる場合もありますが、だいたいこれだけの工程で10日程見ていただくといいでしょう。
この機会に塗装工事をご依頼されませんか?

屋根塗装・外壁塗装は株式会社LEXCEED!

高圧洗浄、下地調整を適切に行い、美観とともに耐久性にこだわった塗装を行います。
高品質な施工をお求めであれば、ぜひ株式会社LEXCEEDにご依頼ください。
まずはお問い合わせください。
最後までご覧いただきありがとうございました。


江戸川区を中心に外壁塗装は(株)LEXCEED

〒132-0011
東京都江戸川区瑞江2-1-8 田中第2アバンドビル5F
フリーダイヤル:0120-811-578
電話:03-5664-6480
FAX:03-5664-6481