コラム

外壁が劣化する原因とは?

こんにちは!外壁塗装や外構工事、住宅リフォームなどの多くの工事を手がける東京都江戸川区の株式会社LEXCEEDです。
外壁が劣化すると、雨漏りなどのトラブルの原因になるため、外壁塗装でメンテナンスをする必要があります。
なぜ外壁が劣化するのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、外壁が劣化する原因をご紹介いたします。

雨風や紫外線


雨風や紫外線などの刺激は外壁が劣化する原因につながります。
刺激によって少しずつ耐久性が落ち、塗装が剥がれてしまうのです。
たとえば直射日光があたりやすい位置の外壁はダメージを受けやすいです。
また湿気が溜まりやすい位置の外壁はカビが生えやすいので、雨の後は注意しないとダメージにつながります。
外壁塗装に使われる塗料には、雨風や紫外線への耐性が高いものもあるので、それらを取り入れるのもおすすめです。

経年劣化は避けられない

年月が経つと生じてくる劣化を「経年劣化」といいます。
これは使い続けていると、どうしても生じてしまうものなので避けられません。
しかし耐久性の高い塗料を使うなどで、劣化を抑えることはできます。
ちなみに経年劣化の場合、色褪せや手で触れると汚れがつくチョーキングなどの症状が見られます。
目安として覚えておき、症状が現れたときは外壁塗装を検討しましょう。

外壁塗装で定期的にメンテナンス

外壁に生じる劣化を放置すると、雨漏りや住宅内部の腐食など、トラブルにつながる恐れがあります。
そのため外壁に劣化が見られたら塗装を行い、外壁の防水機能などが損なわれないようにしましょう。
もちろん耐用年数ごとなど、定期的に外壁塗装を行うこともおすすめです。
耐用年数は塗料ごとに違いますが、およそ10年といわれているので、メンテナンスの目安にしておきましょう。

LEXCEEDへご相談ください!


東京都江戸川区に拠点を置く株式会社LEXCEEDでは、外壁塗装・屋根塗装などの塗装工事、外構工事に対応しています。
店舗やマンション、戸建てなど、多くの現場を経験し、さまざまなニーズを実現しておりますので、安心してお任せください!
ご要望を丁寧にお伺いした上で、理想的な塗装プランを作成いたしますので、ぜひお気軽にご依頼ください。
また弊社では、塗装工事だけでなく、防水工事や住宅リフォーム、リノベーションにも取り組んでおります。
お電話もしくはメールフォームより承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。