こんにちは、株式会社LEXCEED(レクシード)です!
弊社では、江戸川区や葛飾区などの東京の各地域をはじめ、関東一円で屋根、外壁塗装やいろいろな施設のリフォームなどを行っております。

隣近所のマンションが塗装工事を行っているのを横目で見ながら、「うちの家もそろそろ塗り替えかなあ」などとお考えになったご経験はありませんか。

そう思いながらも踏み切れないのは、「塗装工事って定期的にやる必要があるの?」という疑問がどこかにあるからかもしれません。

そこで今回は、「塗装工事は定期的にやるべき?」という話題を取り上げます。

アパートやマンションなど管理人や管理会社がいるところでは、住人がとやかく言わなくても、定期的な塗装工事が行われます。

逆に戸建て住宅の場合はそうもいきません。
ですから戸建て住宅にお住まいの方にこそ、塗装工事の大切な役割について知っていただきたいと思います。

塗装工事の大切な役割


塗装工事の大切な役割は、美観を整えるということに留まりません。
むしろ重要視されるべきなのは、防水効果の回復や外壁の軽度のクラックや屋根を補修するという役割です。

ここからは、それぞれの理由について細かく説明していきましょう。
防水効果の回復が大切なわけ
新築時にはしっかりとコーティングされていた住宅も、経年によってその防水効果はじょじょに失われていきます。

防水効果が弱くなると浸水の原因になってしまうこともあるため、定期的な塗装工事をすることによって、その効果を回復することが必要になります。
外壁や屋根の補修が大切なわけ

経年による劣化によって、外壁にクラックと呼ばれるひびができます。
このクラック、あまりにも亀裂が大きくなりすぎてしまうと、雨水が入り込んでしまい、住宅の雨漏りの原因になったり、シロアリの繁殖の原因になったりする危険性があります。

定期的に外壁塗装や屋根の塗装を行うことで、浸水の危険を回避することができます。

このように塗装工事には美観を整えるだけではなく、防水効果の回復や向上、外壁や屋根の劣化を補修することによって、家を守るという役割があるのです。

本コラムを読んで、定期的な塗装工事の必要性について気づいていただければ幸いです。

各種塗装工事は株式会社LEXCEED(レクシード)まで!


株式会社LEXCEED(レクシード)はお客様のご要望を第一に考えて、しっかりとしたヒアリングを心がけています。

お客様からいただいたヒアリング内容を忠実に守り、「思い通りの外観になった!」と喜んでいただけるよう心を込めて施工を行っています。

屋根や外壁の塗装、リフォームなどのご相談はぜひ弊社にお問い合わせください。


江戸川区、葛飾区を中心に外壁塗装は(株)LEXCEED

〒132-0011
東京都江戸川区瑞江2-1-8 田中第2アバンドビル5F
フリーダイヤル:0120-811-578
電話:03-5664-6480
FAX:03-5664-6481