こんにちは、株式会社LEXCEED(レクシード)です!
弊社では、江戸川区や葛飾区などの東京の各地域をはじめ、関東一円で屋根、外壁塗装やいろいろな施設のリフォームなどを行っております。

街を歩いていると戸建て住宅やアパート、マンション等の外壁塗装を見かけることがありますよね。

薄汚れていた壁が美しく塗り替えられるのは、いつ見ても気持ちのいいものです。
そこで今回は、あまり詳しくは知られていない外壁塗装の仕事内容についてご紹介しようと思います。

外壁塗装の仕事内容


ここからは外壁塗装の仕事内容をご理解していただきやすいように、仕事の流れを順番にご説明します。
高圧洗浄
必要に応じて足場を設置します。
足場の設置ができて最初に行うのが、高圧洗浄と呼ばれる工程です。
強いジェット水流を使って、外壁などのカビや汚れを洗い流します。
下地処理、下地調整と養生
クラックなどのヒビを埋めたり、腐食した木材があれば修理したりします。
これを下地処理と呼びます。きっちりと下地処理をしてクラックなどの再発を防ぎます。
塗装前の下準備として、ほこりや汚れ、カビを取り除きます。
同時にはがれかかっている古い塗装やサビも取り除くようにします。

次に塗料の飛び散りを防ぐために建物を養生します。
ここまでが塗装前の準備段階となります。
外壁塗装
外壁塗装には下塗り、中塗り、上塗りがあります。
下塗りの役目は、上から塗る塗料の接着です。
中塗りは塗装に厚みを持たせるために行い、最後の仕上げとしてさらに上塗りを行います。
この上塗りでお客様からご要望いただいた色の塗料を使用します。
掃除と足場解体
塗料の拭き残しがないか確認して、拭き掃除を行います。
足場がある場合は解体して掃除後、お客様にお引渡しします。

このように外壁塗装にはいくつかの工程があります。
どの工程にも手を抜かず、しっかりと丁寧に施工することで、高品質の外壁塗装が完成するのです。

ここまで外壁塗装の仕事内容についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
外壁塗装の流れを知ることで、ご興味を持っていただけると幸いです。

各種塗装工事は株式会社LEXCEED(レクシード)まで!


株式会社LEXCEED(レクシード)はお客様のご要望を第一に考えて、しっかりとしたヒアリングを心がけています。

お客様からいただいたヒアリング内容を忠実に守り、「思い通りの外観になった!」と喜んでいただけるよう心を込めて施工を行っています。

屋根や外壁の塗装、リフォームなどのご相談はぜひ弊社にお問い合わせください。


江戸川区、葛飾区を中心に外壁塗装は(株)LEXCEED

〒132-0011
東京都江戸川区瑞江2-1-8 田中第2アバンドビル5F
フリーダイヤル:0120-811-578
電話:03-5664-6480
FAX:03-5664-6481