コラム

バリアフリー工事ってどんな工事?

こんにちは! 株式会社LEXCEEDです。
弊社では、東京都江戸川区を拠点に、外壁塗装や外構工事などといった住宅リフォームを手掛けております。
皆様は、バリアフリー工事と聞いてどんな工事を思い浮かべますか?
スロープの設置や手すりの設置を思い浮かべる方がほとんどだと思われますが、バリアフリー工事が具体的にどういった工事を行うものなのかは知らないという方も多数いらっしゃることでしょう。
そこで今回は、バリアフリー工事について詳しくご紹介いたします!

バリアフリー工事の種類


バリアフリー工事とは、言うなれば問題解決型のリフォーム工事のことです。
家族構成や生活様式・身体状況や症状に応じたリフォームを行います。
以下、バリアフリー工事で行われる工事の一覧です。

手すり設置

移動の補助や転倒防止などのため、廊下や玄関・水回りなどに手すりを設置します。

段差解消

車椅子での通行や転倒防止のため、床をフラット化またはスロープ化します。

ユニットバス設置

段差をなくし、手すりや浴室暖房の機能も備えたユニットバスを設置します。

トイレ交換

和式トイレから足腰に負担がかかりにくい洋式トイレに交換します。
車椅子対応のためにスペースの拡張や手すり設置を行うこともあります。

床材交換

転倒によるケガの防止のため、滑りにくいクッションフロアに張り替えを行います。

全面改装

収納式ベンチの設置や間仕切りとして引き戸の設置・間取り変更など、車椅子を使用しながらでも使用しやすい住まいに改装します。

バリアフリー工事を依頼する際の注意点!

将来を見据えたバリアフリー工事を行う場合、あれもこれもとバリアフリー設備を追加してしまうと、いざ必要となってみたら思いのほか使い勝手が悪かった、というのはよくある話です。
そういった失敗を避けるためには、福祉住環境コーディネーターなどの資格を持つ人がいる企業に相談しに行くのも手です。
急遽バリアフリー工事が必要となったとしても慌てずに済むよう、準備だけ整えておくに留めるのもよいでしょう。

バリアフリー工事も弊社にお任せ!


故予防を兼ねた住宅環境の改善を図るバリアフリー工事の需要が近年増加しています。
ちょっとした段差の解消や手すりの取付のような手軽なリフォームでも、暮らしやすさは格段に向上します。
「住み慣れた我が家でいつまでも暮らしたい」という思い、ぜひ弊社にお聞かせください。
また弊社では、無料で介護住宅改修の保険申請の代行も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。