コラム

教えて!シロアリ被害はどんなもの?

こんにちは! 東京都江戸川区を拠点に活動する住宅リフォーム工事業者、株式会社LEXCEEDです。
外壁塗装や外構工事などといった住宅リフォームを承っております。
木材に穴が開いたり、さわり心地がフカフカしたりしたけど、本当にシロアリ被害なのかどうかはわからないという方も多いのでは?
今回は、シロアリ被害の特徴についてご紹介いたします!

こんな特徴が見られたらシロアリ被害!


内部から劣化が進んでいたら、シロアリ被害の可能性がございます。
木材が腐っていただけならば、表面から劣化が進んでいきます。
まずは劣化が内部から進んでいるのかどうかを確認しましょう。
しかし、これだけではまだシロアリ被害と断定することはできません。
ヒラタキクイムシなど別の虫による被害の可能性もございます。
シロアリ被害のもう一つの特徴として、固められた土のようなものが表面に付着するというものがあります。
これは蟻道と呼ばれるもので、シロアリ被害特有のものです。
内部から劣化が進んでおり、蟻道が付着していれば、シロアリ被害と断定できます。

シロアリ被害は木材以外にも!?

シロアリはエサとして穴をあけるだけでなく、通り道を作るためにかじって穴をあけることもございます。
以下、その一例です。
・スポンジ
・コンクリート
・屋根瓦
・断熱材
・配管被覆
・本
本など樹木が原料となるものは木材と同様にシロアリのエサとなります。

シロアリでお悩みではございませんか?


シロアリは床下の土壌から建物の構造部分に侵入し、土台や柱などを食害することがあります。
気づいた時にはすでに建物がボロボロになっていたというケースも珍しくありません。
こまめに点検を行ない早めの対処を行なうことが重要です。
弊社は「シロアリに悩む方が一人でも減ってほしい」という想いから無料点検を実施しております!
「床のきしむ音が気になる」
「長年シロアリ駆除をしていないから心配」
など、少しでも気になることがあればお気軽に弊社までご相談ください。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。