コラム

シーリング工事とは?必要なのはどんなとき?

こんにちは!東京都江戸川区にて外壁塗装や外構工事、住宅リフォームなどに対応している株式会社LEXCEEDです。
住宅の防水機能をつくる工事として「シーリング工事」というものがありますが、具体的なことは知らないという方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、シーリング工事がどんな工事なのか、また必要なタイミングなどについて解説いたします。

防水機能をもたせる工事


外壁同士のつなぎ目や窓のサッシと壁のつなぎ目などに、ゴムのようなものがついているのを見たことはありませんか?
そのゴムのようなものが「シーリング材」で、このシーリング材を設置するのがシーリング工事です。
シーリング材の役割はつなぎ目から雨水などが浸入するのを防ぐというもので、住宅の防水性を守る重要な存在です。
もしシーリング材が劣化して、その機能を保てなくなると雨水などの浸入が起こり、住宅の劣化を招く恐れがあります。
シーリング工事は、住宅を守るために必須の工事というわけです。

雨漏りが起きたら必須

続いてシーリング工事が必要なタイミングについての解説です。
まず雨漏りが起きたときはシーリング工事が必要になる可能性があります。
雨漏りは屋根や外壁などの防水部分を雨水が突破することで起こります。
つまりシーリング材をはじめ、住宅の防水性を保つ部分になんらかの異常が発生しているということです。
シーリング以外の部分が原因の場合もありますが、シーリング材をチェックして雨漏りの原因になっていないか見直すことが必要です。
雨漏りがシーリング材の異常が原因で起きているときには、速やかな工事が必要になります。

剥がれなどの兆候も要チェック

シーリング材は紫外線や雨風の影響でダメージを受けて劣化が起こります。
劣化の兆候が見られたときは、雨漏りなどの明確なトラブルが起きていなくても、シーリング工事を行うことをおすすめします。
シーリング材の劣化の兆候は、剥がれや割け、痩せなどです。
最終的にはプロの目でのチェックや施工が必要ですが、上記の兆候がないかチェックしてみましょう。
ほかにもチェックする時期として、7~10年程度を目安にするとわかりやすいです。

LEXCEEDへご相談ください!


株式会社LEXCEEDでは、外壁塗装や住宅リフォーム、シーリング工事などを承っております。
防水工事や外構工事、シロアリ駆除など、さまざまな工事に対応しており、お客さまのニーズに合った施工をご提供しております。
工事のご相談やご不明点などがございましたら、メールフォームおよびお電話からお問い合わせください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。