こんにちは!東京都江戸川区にある株式会社LEXCEED(レクシード)です。
屋根塗装・外壁塗装といった塗装に関する施工を行っています。
突然ですが、屋根塗装を放置すると発生するリスクについて知っているでしょうか。
屋根塗装というとかんたんに思われがちですが、実はとても重要な役割を担っています。
屋根塗装が劣化した状態でそのまま放置すると、最悪な事態が発生してしまう場合も……。
この記事では、屋根塗装の劣化をそのままにした場合のリスクについて紹介しています。
屋根塗装について気になる方は、ぜひ参考にしてください。

屋根がひび割れる

屋根塗装は屋根本体をコーティングして、雨風や紫外線から守っています。
しかし屋根塗装が劣化すると、守ってくれる存在がなくなり屋根の状態が悪くなります。
結果、ひび割れが起こり、状態を悪くしてしまうのです。
ひび割れが起こっても、一か所だけだから大丈夫……。
そう考える方も少なくありません。
しかし屋根のひび割れは、広がっていく可能性もあります。
ひび割れは、とてもリスクが高い状態といえるでしょう。

雨漏りが発生する

屋根塗装が劣化した屋根はとてももろい状態になっています。
そのためちょっとした傷にも耐えられず、雨水が内部まで侵入してしまう可能性があるのです。
雨漏りが発生すると、天井のシミやカビの原因にもなりとても危険です。
屋根塗装の色あせが気になり出したら、すぐに塗り替えを検討してみてください。

汚れが付きやすくなり見た目が悪くなる

屋根塗装は、屋根に汚れがしみ込むのを防ぐ役割も担っています。
屋根塗装が劣化すると、汚れから守る存在がいなくなり汚れは屋根の地肌を侵食します。
汚れが屋根の地肌に侵食すると、取るのはかんたんではありません。
また家本体を傷つけることにもつながるので、屋根塗装が劣化したらすぐに対処する必要があります。
弊社では、実地調査を行っているのでぜひご利用ください。

屋根塗装でお悩みなら何でも相談してください

弊社では、外壁塗装や屋根塗装といった塗装に関するさまざまな施工を行っています。
屋根塗装の劣化をそのままにしていると、雨漏りに発展する可能性も……。
雨漏りなどのリスクを避けるためには、屋根塗装を新しい状態にしておく必要があります。
質問・相談はお問い合わせフォームから対応しているので、ぜひご相談ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。


江戸川区を中心に外壁塗装は(株)LEXCEED

〒132-0011
東京都江戸川区瑞江2-1-8 田中第2アバンドビル5F
フリーダイヤル:0120-811-578
電話:03-5664-6480
FAX:03-5664-6481