瓦屋根には、丈夫なイメージがあるかもしれません。
しかし種類によって耐用年数や特徴などに違いがあり、またメリット・デメリットも異なります。
屋根は、家の耐震性や耐久性を左右する重要な部分なので、単にデザインや見た目だけで選ぶのはNGです。

ここでは瓦の種類や特徴、メリットやデメリットについて紹介していきます。
葺き替えを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

瓦のメリット・デメリットとは?屋根瓦の種類や特徴を紹介

瓦屋根の種類と特徴について

瓦屋根と聞くと、古い家や寺社仏閣などの屋根瓦を想像するかもしれません。
しかし、実は瓦にはいろいろな種類があるのです。
瓦は種類ごとに特徴が異なり、ご自身の家や周りの環境に適した瓦を選ぶ必要があります。
以下に、瓦の種類と特徴について紹介していきます。

粘土瓦

粘土瓦は、名前の通り粘土を焼いて作る瓦です。
日本で一番有名かつ、よく見かける瓦と言ってよいでしょう。
50年から100年もの耐用年数があるとも言われ、基本的な点検は必要になるもののメンテナンスは不要です。
耐火性や耐水性、防音性にも優れており、さらに雨漏りもしづらいため、雨の多い日本にはぴったりです。

釉薬瓦(陶器瓦)

釉薬瓦は、粘土瓦にガラス質の釉薬を塗布し、焼き上げた瓦です。
釉薬を塗布することで、瓦の色を変えたりツヤを出したりできるため、美しい景観を作り出すことができます。

粘土瓦と同じで、耐水性に優れていて、雨漏りがしにくい性質があります。
耐用年数は50年から60年と、粘土瓦よりも低くなります。
またメンテナンスは基本的に不要ですが、漆喰部分などが傷むこともあるため定期的に点検をするのがベストです。

無釉薬瓦(いぶし瓦・素焼き瓦など)

無釉薬瓦とは、釉薬を使わずに焼成する瓦のことです。
「いぶし瓦」「素焼き瓦」「窯変瓦」「錬込瓦」などの種類があります。
一般的によく使われるのは、焼成をした後に釜の中でいぶす「いぶし瓦」と、粘土の色がそのまま残る「素焼き瓦」です。

どちらの瓦も耐久性、耐水性が高くメンテナンスも不要ですが、無釉薬瓦の耐用年数は40年から60年と言われています。
寿命を重視する方は、釉薬瓦にした方がよいでしょう。

セメント瓦

セメント瓦は、セメントと水を混ぜ合わせ、瓦の型を形成して塗装をしたものです。
「好きな色に塗装できる」「好きな形に形成できる」などのメリットはあるものの、耐久性が低く、メンテナンスも必須というデメリットがあります。

素材がセメントなので、風雨や紫外線に弱く、経年劣化がとても早いため、防水効果が持ちづらいという決定的なデメリットがあります。
そのため現在では、ほとんど使われなくなっています。

コンクリート瓦

コンクリート瓦は、コンクリートを原料にした瓦で、セメント瓦と同じく瓦の型に入れて形成します。
コンクリート瓦も塗装をしたり、形を自由に変えられたりするので、デザインのバリエーションが豊富です。
さらに、粘土瓦よりも寸法が狂いにくいため、容易に施工できるというメリットもあります。

ただし重量があるため地震に弱く、粘土瓦より耐久性も低いことから、今はほとんど作られていません。

瓦屋根のメリット

瓦屋根は、種類ごとにメリットやデメリットが異なりますが、「瓦」という点で共通している部分もあります。
ここでは、「瓦屋根」に関するメリットを紹介します。

遮音性が高い

瓦屋根の一番のメリットは遮音性です。
屋根と部屋の間に隙間がないと、雨音が大きく響きます。
特に強くたたきつけるような雨やゲリラ豪雨などでは、テレビの音や話し声もかき消されてしまうこともある程です。

瓦屋根は遮音性が高いため、隙間がなくても音が響きにくいです。

耐久性に優れている

粘土を使った瓦は、耐久性に優れているのがメリットです。
耐用年数は平均50年以上なので、家本体よりも長持ちすることさえあります。

また防水のためのルーフィングが劣化しても、瓦は取り替える必要がありません。
コスト的にみても、優れていると言えるでしょう。

瓦屋根のデメリット

ここからは瓦屋根のデメリットを紹介します。
デメリットに関しては、すべての人に共通するものではないので、ご自身に当てはまるかどうかを確認しておくことよいでしょう。

費用が高い

瓦屋根は、費用が高いのがデメリットです。
建売住宅などで使われる屋根材よりも高額で、さらに職人が施工するため、一般の屋根と比べると約2倍の費用がかかります。

ただしメンテナンスが不要なので、トータルで考えると高額とは言い切れないでしょう。

耐震性が低い

瓦は重く、耐震性が低いのもデメリットです。

地震で倒壊している家屋のほとんどが瓦屋根であることからも分かるように、大きな地震があった場合は家を支えられない可能性があります。
しかし、家自体の耐震性は年々高まっているので、新築の家屋であれば瓦屋根のせいで倒壊することは少ないでしょう。

瓦の屋根にするなら専門業者に相談するのがベスト

屋根も経年劣化をしますが、それでも頻繁にリフォームするものではありません。
だからこそ安易に選ばす、瓦屋根の性質やデメリットをしっかり理解したうえで検討する必要があります。

しかし、どんなにインターネットで情報を集めても、本当に満足できる瓦屋根にリフォームできるとは限りません。
やはり専門的な知識を持っている業者にアドバイスをもらうのが一番でしょう。

当社では屋根についてのご相談・施工も承っております。
屋根のことでお困りの方は、ぜひ当社にご相談ください。